1ビット 双方向 ハイインピーダンス機能付き入出力バッファ

< 機能解説 >

ファイル名
HiZ_bidirect_1bit.nsl
機能
双方向のハイインピーダンス制御機能付きバッファの記述例
解説
双方向の入出力端子として「PortA」と「PortB」の2本を宣言する
DIR信号がLレベル,かつOEN信号がHレベルのときは,PortBからPortAに信号を伝達する。
DIR信号がHレベル,かつOEN信号がHレベルのときは,PortAからPortBに信号を伝達する。
OEN信号がLレベルのときは出力端子をHi-Z(ハイインピーダンス)にする.
TruthTable
DIR OEN PortAPortB
LHHiZportA
HHPortBHiZ
XLHiZHiZ
留意点
TTL標準ロジックの74245データバスバッファの1エレメント機能と同等。