4ビットバイナリカウンタ

< 機能解説 >

ファイル名
CNT4.nsl
機能
4ビット同期式カウンタ回路
- 非同期リセット
- キャリ入力
- 初期値入力
- カウント有効
- キャリ出力
信号機能
PARAM_in[4] = 初期値
LOAD_in = 初期値ロード要求
ENB_in = カウント有効
CARRY_in = キャリ入力
Q_out[4] = データ出力信号
CARRY_out = キャリ出力
解説
4個のフリップフロップを用いて,クロック同期のカウンタを設計します。
PARAM_inに示された値はLOAD_inがHレベルのときに4ビットレジスタにロードされます。
ロードされた値は,ENB_inがHレベルかつCARRY_in()制御信号入力が有効のときに+1加算されレジスタに保持されます。
4ビットレジスタの値がすべてHレベル(4′b1111)であれば,CARRY_out()制御信号出力を有効にします。
留意点
NSLではクロックと非同期リセットは暗黙で使用されます。
CARRY_in()制御入力が有効のときには,instruct構文で記述されたステートメントが実行されます。