NSLとは

NSL(Next Synthesis Language)とは、半導体デバイス開発の新たなハードウェア記述言語。
Verilog HDL やVHDL がレジスタ主体で記述するのに比べ、NSL は処理主体で記述できるため以下の特徴があります。

  • アイデアを抽象度の高い動作記述で書き下ろせ、設計者が制御可能な言語です。
  • オブジェクト指向を取り入れた高生産性言語です。
  • 簡素で、且つ馴染みやすい構文を提供し、C 言語からの変換が容易です。
  • IP コアなど既存の設計資産の共存と流用性を実現しています。
  • UML(Unified Modeling Language)と高い親和性があります。
  • SystemC フォーマットの出力と確実に論理合成できるRTL を出力します。
  • このような特徴を持つNSL と合成エンジンにより、コードの記述量が少なくなり(Verilog-HDL 対比1/4)、可読性が向上することで、再利用性も向上します。
  • 新たなハードウェア記述言語を学習する必要性への懸念があると思いますが、NSLはVerilog HDL/VHDL に比べ文法も単純で記述量が少ないため、短期間でマスター可能です。ぜひお試しください。

開発者からのメッセージ