オーバートーン、NSL-IPコアをホームページ上に公開

Press Release
2011年5月20日

オーバートーン、NSL-IPコアをホームページ上に公開

オーバートーン株式会社(東京都新宿区西新宿8-15-2西新宿タカノビル4F、佐藤正代表取締役社長)は、新世代のハードウェア記述言語であるNSL(Next Synthesis Language)で記述したIPコアをホームページ上に無償で公開いたします。

当社では、新世代のハードウェア記述言語であるNSL(Next Synthesis Language)、NSLから既存のハードウェア記述言語(Verilog HDL、VHDL、検証用としてSystemC)を合成する動作合成エンジンNSL Core+のユーザーの拡大と、ユーザーの設計サポートの為に、順次NSL-IPコアをホームページ上で公開していく予定です。ホームページ上には今回公開されるNSL-IPコアの他に、次回公開するNSL-IPコアの予告も記載いたします。

第一回目の公開は2011年5月24日を予定しております。ホームページで公開されるNSL-IPコアは、現在弊社で行っている動作合成エンジン「NSL Core+」の無料お試しキャンペーンで開示されているNSL-IPコアとは重複していません。当社キャンペーン等の特典として開示するNSL-IPコアは、ホームページ上で公開されるNSL-IPコアとは別個の製品を使用いたします。

<NSL-IPコア ホームページ上に公開のスケジュール>
第一回
時期 : 2011年5月24日
内容 : 下記URLからアクセスしてください。
http://www.overtone.co.jp/support/nslsample/function/
第二回予定
時期 : 2011年8月
内容(予定) : 浮動小数点演算回路IPコア、DMAIPコア
第三回予定
時期 : 2011年11月
内容(予定): 産業用二次元グラフィック回路に多用されるマルチメディアIPコア
第四回予定
時期 : 2011年2月
内容(予定) : 音源IPコア、静止画像用IPコア
オーバートーンの製品:
NSL Coreファミリ
新世代のハードウェア記述言語であるNSLから既存のハードウェア記述言語(Verilog HDL、VHDL、検証用としてSystemC)を合成する動作合成エンジンコアです。NSLの特徴を活かし、高速かつコンパクトな回路を合成します。NSL Coreファミリ にはNSL Core +のほかに、無償でダウンロード可能で入力ライン数、使用期間に制限がある動作合成エンジンのNSL Core を提供しており、NSLの教育から本格的な開発業務まで対応できるライセンス形態を採用しています。
NSL Overtureファミリ
NSL OvertureはNSL Core+のすべての機能に加え、NSLソースレベルのデバッグおよびビヘイビアシミュレーション機能を搭載した統合開発環境です。またFPGAデザインツールを利用してFPGAのコンフィギュレーションデータを生成する機能も含まれており、 NSL OvertureのGUIから別のウィンドウに切り替えることなくFPGAへのダウンロードツール起動まで行うことができます。
製品の詳細ついては、当社Webサイトをご参照ください。
http://www.overtone.co.jp/products/
NSL(Next Synthesis Language)について
米国IP ARCH, Inc.と共同開発されたハードウェア記述言語です。抽象度の高い記述が可能なことに加え、ソフトウェア技術者にも使いやすい構文を取り入れているため、少ない記述量で回路を設計することができます。また既存のVerilog HDLやVHDLで記述されたIPコアを利用することができるのも大きな特徴です。
オーバートーンについて
オーバートーン株式会社は2010年1月に設立。ハードウェア開発に携わるエンジニア向けに、より効率よく設計いただける高位設計言語「NSL」と統合開発環境「NSL Overture」を提供しています。詳細はhttp://www.overtone.co.jp/をご覧ください。
プレスリリースに対するお問い合わせ
オーバートーン株式会社
広報担当
E-mail: info@overtone.co.jp

末筆ながら、東日本大震災で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。皆様の安全と一日も早い被災地の復興を心からお祈りいたしております。
敬具