Embedded Technology 2019


オーバートーンは、11月20日(水) ~ 11月22日(金)にパシフィコ横浜にて開催されます『Embedded Technology 2019/組込み総合技術展』に出展する運びとなりました。
今回は 「UML to RTL技術で設計データのメンテナンス・再利用性を向上 ~モデリングでシステム開発を改革~」をテーマに、開発の生産性をどうあげれば良いのか、一つの解決策を事例ベースに当社技術と導入メリットを紹介します。ぜひ当社ブースにお立ち寄りください。お待ちしております。

展示会名
Embedded Technology 2019 /組込み総合技術展
(同時開催:IoT Technology 2019/ IoT総合技術展)

※事前登録および無料招待状持参者は入場無料です.
会期
2019年11月20日(水)10:00~17:00
2019年11月21日(木)10:00~18:00 (17:00から ET/IoT Technologyフェスタ)
2019年11月22日(金)10:00~17:00
会場
パシフィコ横浜 (アクセス
ブース番号
B-44(電子設計・EDAパビリオン)
展示概要
AIを含むロボットやエッジ・IoT機器など、製品サービスの品質を高めることや差別化する付加価値を生み出すことは重要であり、また少子高齢化で働き手が減少する現在、ワークシェアリング、ワークライフバランス、メンタルヘルス改善を実現するためにも、余力を確保する生産性向上は必要不可欠です。
今回は 「UML to RTL技術で設計データのメンテナンス・再利用性を向上 ~モデリングでシステム開発を改革~」をテーマに、開発の生産性をどうあげれば良いのか、一つの解決策を事例ベースに当社技術と導入メリットを紹介します。
電子設計・EDAトラック
【日時】 2019年11月21日(木) 11:40-12:00(20分)
【会場】 展示会場内セミナー会場D ※詳細は会場案内図をご参照下さい。
【テーマ】 UML to RTL技術によるIP/LSI設計の実際
~設計データのメンテナンスや再利用性が向上、協調設計にも有用~
【概要】 ロボットやエッジ・IoT機器などの開発において、品質と安全性の向上や付加価値の創造は必須です。現場の働き方改革を進めつつ、これらを実現するにはエンジニアの設計生産性の向上が必要不可欠です。
今回、開発の設計生産性をどう高めれば良いのか、実際に設計ドキュメントの質を高め、仕様の共有化だけでなく、メンテナンスや再利用性が向上する設計例をもとに技術や有用性などを紹介します。