Embedded Technology 2015


オーバートーン(株)は11月18日より開催される「組込み総合技術展Embedded Technology2015」に出展する運びとなりました.
このたびは、EDA-LPBパビリオン内だけでなく、S2C ジャパン株式会社様ブース内にも出展し、設計手戻りを削減し作業効率が50%改善する設計ツールを紹介します.
ご多忙のことと思いますが、この機会にぜひご来場賜りブースをご高覧下さいます様、申し上げます.

展示会名
組込み総合技術展「Embedded Technology 2015」
会期
2015年11月18日(水)10:00~17:00
2015年11月19日(木)10:00~18:00 (17:00から ET/IoT Technologyフェスタ)
2015年11月20日(金)10:00~17:00
会場
パシフィコ横浜 (アクセス
ブース番号
EDA-LPBパビリオン内 小間番号 D-21
(S2C ジャパン株式会社様ブース 小間番号 V-11)
展示概要
ブースでは、FPGAやASIC開発の上流工程から設計生産性をカイゼンする、仕様記述言語UMLを活用した設計ツール(製品名NSL Overture)を紹介、設計ツールの核となるハードウェア記述言語NSLの優位性を、デモや具体的な事例を交えて説明します.特に、S2Cジャパン様のFPGAプロトタイピング・システムに弊社が開発したデバッグ用途に便利なIPコア(UART Station)を搭載した事例も説明します.
設計手戻りが多く納期が遅れる、検証に工数が掛かりすぎているなど、LSI開発にお困りの方は、ぜひお立ち寄りください.
EDA-LPBパビリオン内セミナー
【日時】 2015年11月20日(金) 14:30 ~ 14:50 (20分)
【テーマ】 『UML to RTL による組込みシステム用カスタムハードウェア開発の効果』
【概要】
大規模化、複雑化する FPGA/ASIC 開発現場ではさまざまな問題が発生しています.
オーバートーンがお勧めする UML to RTL によるハードウェア開発手法が、それらの課題をいかに解決し、開発現場をカイゼンして開発チームの成長とビジネス拡大に結びつけて行くかをご紹介します.