Embedded Technology 2014


オーバートーン(株)は、11月19日より開催される組込み総合技術展「Embedded Technology 2014」に出展する運びとなりました。
弊社は、昨年に続き平成26年度NEDO助成事業に採択され事業を推進しておりますが、正式リリースに先駆けて、主力製品である設計プラットフォーム「NSL Overture」を紹介します。

展示会名
組込み総合技術展「Embedded Technology 2014」
会期
11月19日(水)~11月21日(金) 10:00~17:00 ※20日(木)は18:00まで
会場
パシフィコ横浜
ブース番号
C-05
展示概要
展示ブース内では、開発が完了したプロトタイプ版「NSL Overture」のデモンストレーションだけでなく、実際に開発したIPコアのFPGAボードによる動作をデモし、また弊社が提唱する新たな設計手法の効果や設計者が抱える課題に対する解決方法に関してプレゼンテーションします。
デモンストレーション
- サンプルデザインを使ったNSL Overtureの操作デモ
- NSL Overtureにて開発したIPコア「Video over IP」の動作デモ
プレゼンテーション
10:45-11:00 バグよ、さらば!UML to RTL手法でサクッと高品質設計
13:00-13:15 設計プロセスを改善する新たなHW設計手法「UML to RTL設計プラットフォーム」
14:30-14:45 案外簡単!UMLによるハードウェア動作表現
16:00-16:15 バグよ、さらば!UML to RTL手法でサクッと高品質設計
*3日間を通して同じ時間割です。但し、時間は都合により変更する場合があります。